ホリデイ・トレッキング・クラブ

NEWS おしらせ

●● その1 ●●

 コロナ禍のなかで、ストレスを溜める日々が続いていますが、たまにはどこかで息抜きをしたい思いは皆様にあろうかと思います。
 私どもでは、一日2組のお客様しかお迎えいたしませんし、お部屋は一階と二階に分かれ、二つのお風呂は、家族風呂として別々にご利用いただいております。また、お食事も個室(パーテーション区切りではなく食事室)にご用意いたしますので、もう一組のお客様とお会いすることもなくお過ごしいただけると思います。
 限りなく、密を避けることができる施設だと思いますので、コロナ禍でリフレッシュしたくなりましたら、是非お出かけをご検討ください。
 客室は4部屋あり、通常7名様以上で貸切りとしていますが、6名様以内での貸切りプランもご用意しており、コロナ禍で多くの皆様にご利用いただいております。
 私どもスタッフも、普段からコロナに気を使った日常を過ごしており、ここにコロナを入れない、ここからコロナを出さない…という強い思いでお客様をお迎えしております。
 お客様もお宿も、双方での感染予防対策が大切ですので、館内でのマスクの着用・検温・3密対策・喚起と消毒・感染アプリ「いばらきアマビエちゃん」の登録、大声を上げたりしないご協力をお願いしておりますので、「コロナエチケット」をお守りいただけるお客様だけご予約下さいますようお待ち申し上げております。



 先日、お客様から、「いつも、楽天やじゃらんの旅行予約サイトで、宿を探しますが、こちらはネットの予約サイトには載っていないんですね」 と言われました。
 旅館やホテルで、旅行予約サイトと提携していない施設は皆無に近いと思います。
 このITの時代に・・・と思われるお客様も多いと思いますが、私どもは、お馴染みのお客様と、クチコミでお客様がご紹介してくださるお客様やこのHPをご覧いただいたお客様で、ほぼ予約が埋まるため、ネット事業者と提携せず、全てのお客様を直接予約でお迎えしております。
 ご贔屓にしていただくお客様と、お客様からご紹介されたお客様を大切におもてなしさせていただいております。
 予約サイトに載せていないだけに、このホームページも、私どもの名前を直接入力しないと、たどりつかないかと思いますが、初めてお出かけいただくお客様に、どのようなところかをご案内するため、ありのままを紹介しております。
 旅行エージェントの手数料が無いぶん、料金への上乗せもございません。気になるお宿になり、お出かけいただけますと幸甚でございます。

●● その2 ●●
 お泊りのお客様とお話しをしておりましたら、誰でも知っている大手旅行会社の方でした。
 「のんびりできる場所をと思い、予約させていただきました」と、県内の宿をくまなく網羅している専門家に、プライベートでご利用いただきました。
 ここは、深い山の中の「隠れ家」で、一日2組だけ(7名様以上ですと1組だけ)しかお客様をお迎えしませんので、のんびりお過ごしいただけると存じます。
 四季折々の景色も綺麗ですが、毎年、6月中旬から7月中旬まで、庭先にホタルが飛びます。(平家蛍と源氏蛍の両方がいるので、約一カ月近く見られます。)
 お風呂を覗きに来るホタルもいて(…笑)、湯船に浸かりながらホタルを見ることもあります。
 群れなして飛ぶわけではありませんが、幻想的な世界をお楽しみいただけます。
 また、浴室は東南に開けており、遮るものがない窓の外には月が顔を出します。満月の空は、夜でもブルーに輝いており、流れる雲とのコントラストは絵も言われぬ光景です。
 (なお、ホタルは自然のものですので、必ず飛ぶことをお約束できるものではありません。雨の日などは飛ばないことがございます。)  

●● その3 ●●
 第54回茨城県食品衛生大会において、私どもは、食品衛生優良施設として「茨城県食品衛生協会長表彰」を受賞いたしました。
 所轄の常陸大宮保健所の検査後、ご推挙をいただき、栄えある受賞となりました。
 対象となるのは、飲食業や食品製造業・宿泊施設などで、常陸大宮保健所管内では、約1,800事業所のなかで2事業所が受賞し、全県下では約2万事業所のなかで19事業所が表彰の栄に属し、そのなかの一施設として私どもも加わることができました。
 これまで、所管保健所の常陸大宮保健所長表彰を受けておりましたが、今回は全県域・全県下での表彰で、多くのお客様にご愛顧をいただき、お客様に育まれながら日々の業務に勤しんでまいりました結果として、ご指導をいただく機関から評価されたことを大変嬉しく思います。
 お客様あっての受賞であり、改めて心から御礼を申し上げます。
 今後も、この受賞を励みとし、食の安心・安全はもとより、衛生管理に努め、心地よい宿としてこれからも努めてまいります。
 お客様目線では、まだまだ至らぬ点も多いと思いますが、深い山のなかでも、キラリと光る個性を持った小さな宿でありたいと思っております。
 受賞に甘んずることなく、精進を重ねてまいりますので、機会がございましたら、お出かけの機会をおつくりいただけますと幸いでございます。
 

おすすめスポット

facebookページへ